モノづくりに興味のある方、
我々と一緒に働きませんか

2011年3月17日木曜日

社内での出来事

東日本大地震で、被災された方々、並びにそのご親族、
ご友人の皆様に心からお見舞いを申し上げます。
1日も早い復旧並びに復興を心よりお祈り申し上げます。

被災地でいまだ救出を待ち生存と戦っている方々、救出活動をされている
たくさんの方々のことを思うと、通常の経済活動に集中する事はどうなのかと考えてしまいます。
現在、地震の影響で各自動車メーカーさんが稼動を停止しています。
その関係で、我々も操業を停止したり、動かしたりという日々が続いていますが、
今は何よりも、被災した人々へ少しでも協力出来る事をやっていくだけです。

会社の中では、地元の商工会を通じて、
物資の応援をしたいという話がまとまりました。
現在、報道が過熱して運送便も動きにくい状態だという事のようですが、
足りないものを少しでも多く届けて欲しいと思います。

もう少し落ち着いたら、私たちの体が必要とされるときもくるはずで、
そのときのために、今自分たちがやるべき事をしっかりやっていきたいと思います。

2011年3月16日水曜日

がんばれ 


本日のネットのニュースで流れていましたが、
島根という事は地元の電力会社の社員だと思います。
我々は節電と言う形でしか協力できませんが、
ぜひ、がんばってきて欲しいです。
こんな日本人がいるニッポンは、必ず立ち直ります。


「使命感持って行く」=電力会社社員、福島へ―定年前に自ら志願

時事通信 3月16日(水)4時56分配信
 福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。
 会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。
 男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。
 東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。
 男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。出発を見送り、「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。

2011年3月12日土曜日

地震

昨日起きた東北地方での地震。
夕方、初めて気付いて
どんでも無い事になっていました。

関東方面の知人への連絡も何とか取れ無事は確認できましたが、
今朝のニュースで
多くの犠牲者がわかってきているようです。

まだまだ、余震も続き、危険な状態との事、
何もできませんが、
ただ祈るだけです。

2011年3月3日木曜日

残念です

一昨日から新聞、ネットでゼロスポーツさんの記事が飛び交っていますが、
これから、と期待していたのに非常に残念です。
今回の出来事は色々課題を残しそうですが、
ゼロスポーツのEVにかける思いを引き継ごう
という所も名乗りをあげているようで、
今後に期待したいですね。

破産ゼロスポーツ