シートメタルファブリケーター
毎日の出来事やら、思いを綴っていきます。

2017年4月12日水曜日

製作品

今回、車椅子の補助具の制作に携わらせて頂きました。
完成品を本日みましたが、
中々良いモノになっています。
当社からも販売させて頂きますので、
ご用命の方、いらっしゃいましたら、
お声掛け下さいませ!







2017年4月3日月曜日

新入社員と

2017年度の新入社員が入社しました。
本日から出社です。
仕事には厳しく、人には優しく育てていきます。
頑張れ!




2017年3月18日土曜日

井原市合同企業説明会に参加

本日は、これから企業説明会に参加します。
一緒に夢をかなえましょう!


2017年3月13日月曜日

火が入りました

設置から1週間、やっと火が入りました。
本格的にはもうしばらくかかりそうですが、かなり、スピードは上がりそうです。







2017年3月11日土曜日

本日の朝刊にて

本日3/11付けの山陽新聞に当社の取組みが紹介されました。
震災からはや6年が経過したわけですが、
被災された方々には、まだまだ過去のものではない!

記者の方とも話した時間は
短い時間ではありましたが、
我々に出来る事は何なのか考えさせられた一瞬でした。




以下、致知出版社
おかみさん便りより抜粋させて頂きます。



忘れもしない、そして忘れてはならない6年前の今日・・・
今現在でも、行方不明者は2500名を超えていると言います。


今も連日、悲報、訃報が続いている。
東日本大震災。マグニチュード9.0.
その破壊力は人間の想像を遥かに超えるものだった。
被災された方々に心からお見舞いを申し上げたい。

今回の大地震で殆どの人が予期しなかったのが、
大津波の恐ろしさだった。
まるごと波にさらわれた町も1つや2つではない。

3月23日現在、死亡・行方不明者は
2万5千人を超える。
そこに追い打ちをかける福島第一原発事故も
不安をかきたてる。

日本列島全体を精神的にも激震が襲っている。

しかし、この状況の中で我われの心を照らす
希望の光がある。

地震発生当日、弊社社員の何人かは数時間歩いて帰宅した。
翌朝出社した彼らが一様に言ったのは、
「地震に祭し、日本人が各所で垣間見せた美徳」についてである。

ある社員は「自宅までの帰路、見知らぬ人にも
『大丈夫ですか』と声をかけ、何か困っていれば助け合う姿を何度も見た」
と語った。

逼迫した状態にもかかわらず、コンビニやスーパーなどの施設は
通常通り営業した。
そこにできた長蛇の列に住民は整然と並び、
きちんとお金を支払って買い物をした。

鉄道各社などの交通機関は夜通し運行した。
大混乱の中で乗客はお年寄りや妊婦に席を譲った。

世界に目を向ければ、このような光景は当然のことではない。

暴動、略奪といった無法状態が、災害時にはつきものなのだ。
我われ日本人が当たり前にとっている行動は、
実は世界に誇るべきことなのである。

このことを我われはもっと自覚するべきだろう。

事実、今回の地震をCNNやBBCといった世界の主要メディアは
こう報じている。

「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。
犠牲は出たが、他の国ではこんなに正しい行動はとれないだろう。
日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている」




2017年3月9日木曜日

働く女性を応援


働く女性を応援します。


  優秀な人材を確保するためにジョブリターン制度の導入

結婚、出産、親の介護等で離職した優秀な社員を対象に就業規則を見直し、この制度を導入しました。

  女性が活躍できる企業を目指して研修への参加を促進

経営研究会の経営者や工場幹部のための研修に今年初めて女性社員が参加しました。

事例研究を通して、実践展開できる幅広い知識を習得しました。